お知らせ 
1月20日
事務室より2~3月分諸会費の口座振替についての案内文書を配付しております。
なお、配付した文書のPDFデータが御入用の方は、下記の文書名をクリックしてください。
2~3月分諸会費の口座振替

<<BACK TOP 
学校だより
270227 明日、奈古高校生物資源科学科が「農業振興特別賞」表彰
明日2月28日(土)9時30分から、阿武町町民センター文化ホールで開催される、JAあぶらんど萩農業振興大会において、奈古高校生物資源科学科が「農業振興特別賞」表彰されます。

この賞は、「JAあぶらんど萩が、管内農業者の士気高揚を図るため、地域農業の発展に貢献した人や団体を表彰する」ということで設けられた賞であり、先般、表彰決定の御案内がありました。明日は、3年生2名が学校を代表して出席し、表彰を受ける予定となっています。

キウイフルーツのジャム加工技術の開発と普及活動など、地域の皆様と連携してきた、これまでの奈古高校の取組に対して、地元JAの皆様から高く評価していただいたことは、農業教育に携わる者として、この上ない光栄と思っておりです。

また、今回の受賞内容は、先輩の研究内容を引き継ぎ発展させたものであり、農業振興や地域の活性化のために取り組んでこられた諸先輩の皆様を代表しての受賞とも考えております。

今後も地域の皆様とともに地域の発展・活性化を目指して、農業教育を始め全教育活動を通して努めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。




2015年02月27日 Fri  by 校長室
270227 本日 同窓会入会式 賞状商品記念品授与式 卒業式予行
本日、2月27日(金)は、奈古高校同窓会「孝紫会の入会式、賞状賞品記念品授与式卒業式予行を予定しています。

同窓会役員の皆様にはお忙しい中、入会式を開催していただくことになり、誠にありがとうございます。

各賞の受賞者の皆さん、この度の受賞、おめでとうございます。
なお、この受賞は、御自身の努力と精進の成果としての受賞であることを称えさせていただきます。が、皆さんならば言うまでもなくおわかりのこととは思います(課題研究の感想①~④など)が、受賞に至る過程の中で、皆さんは実に様々な人から支えられてきたと思います。そのことに感謝し、謙虚に受けとめ、今後もなお一層努力・精進されることを期待しております。

2015年02月27日 Fri  by 学校行事 PTA行事 同窓会行事
270226 卒業式の準備・・・式場と花
3月1日の卒業式に向けて、準備が進んでいます。
花式場を飾る花・・・サイネリアについては、当日、綺麗に咲きそろわせて、卒業生の皆さんを華々しく送ってあげようと、農場では、心を込めて育てています。花早生か晩生かの品種の選定、播種時期の決定、その後の日照や温度の調節・管理にかなり神経を使っているようです。花今年のように、寒暖の差が激しい年には、特に温室の温度管理が大変だと思います。ありがとうございます。

2015年02月26日 Thu  by 校長室
270225 卒業式準備
画像は、3月1日の卒業式に向けて、練習している3年生の皆さんの2/20の様子です。
なお、奈古高校では、卒業生一人ひとりに校長から卒業証書を手渡しております。


2015年02月25日 Wed  by 学校行事 PTA行事 同窓会行事
270223 課題研究の感想から④
食品製造専攻
※「『凄さ』は研究してみてわかる!」「研究で身につけた協調性、積極性はこれからの人生でも生かしていける」

にこっ私は、この研究を通してキウイジャムの商品としての凄さと商品開発の大変さがわかりました。

キウイジャムは、研究を始めるまでは、なぜ「凄い」のかをわかっていませんでした。しかし、研究を進めていく中で、普通なら加熱で茶色に変色するキウイがあそこまできれいな緑色のジャムに加工できることがすごい発見であることを目の当たりにし、自分がこの研究に参加できてよかったと思いました。

次に商品開発の大変さです。研究当初、商品開発することは、お菓子作りが好きな自分にとってはとても簡単なものだと思っていました。しかし、いざやってみると自分の思っている商品にはならず、うまくいきませんでした。そのため自分たちの班はほかの班に比べ多くの試作品を作り、失敗を繰り返しました。その試行錯誤の中で開発したのが、ホワイトチョコのパウンドケーキでした。パウンドケーキは、簡単でどちらかというとありきたりなものですが、想像以上にうまくでき、よかったのですが、本音はもっと誰も考えないような商品にしたかったです。

キウイジャムの色はきれいだけど、ジャムに熱を加えると変色の可能性があるので、あまり熱が加わらないようにできたらいいと思いました。将来、私は、商品開発をしたいのでここで学んだことを忘れず活かしていきたいです。


にぱっ去年の先輩方の研究を引き継ぎより良いものにしようという心持で取り組みました。

マフィンを作ったり、自分たちで考えたホワイトチョコのパウンドケーキを作ったりいろんなことを経験しました。そして私は、プロジェクト発表の代表に出させてもらい、普段の学校生活では経験できないことをさせてもらいました。プロジェクト発表では声のトーンや大きさなど気をつけなくてはならないことが多く、大変でしたが、本番では練習以上の発表ができ、最優秀賞をいただくことができました。

2学期からは、新しい商品開発にも取り組み、班で協力し頑張りました。最初は意見がバラバラでまとまっていませんでしたが、1つの成功の中でグループが1つにまとまることができました。

今年度の研究で、とても良い成果が残せたので、これからも継続して研究してほしいです。そしてさらに良い研究成果を上げられることを願っています。
今年1年間の研究で身につけた協調性、積極性はこれからの人生でも生かしていけると思います。1年間通して行ったことを忘れず、社会に出ても頑張っていきたいです。



2015年02月23日 Mon  by 生物資源科学科
      
合計:45488 今日:85 昨日:102
〒759-3622
 山口県阿武郡阿武町
      奈古柳橋2968-1
 TEL:(08388)2-2333
 FAX:(08388)2-2123
総合情報

※ページを閲覧するためには
Adobe Readerが必要です。
最新記事一覧
カテゴリー別