お知らせ 

<<BACK TOP 
学校だより
270731 世界スカウトジャンボリー 阿武町に6か国のスカウト! 奈古高生はサポート!
7月31日(金)
ようこそ 阿武町へ…イギリス、オーストラリア、ロシア、韓国、フィンランド、USA、そして日本のスカウトの皆さん

午前阿武町町民センターにて、歓迎セレモニー、長州音頭体験、折り紙体験
下折り紙で、「かぶと」を作っていました。


午後は2グループに分かれて
イギリス・オーストラリア・ロシア・日本グループ
右阿武小学校にて、歓迎の会、綱引き・玉入れ、書道、お別れの会→道の駅阿武町
下児童代表歓迎の言葉…通訳奈古高生

下綱引き

下玉入れ・・・ルール説明などは阿武小児童代表、通訳は奈古高生

下書道体験…説明は阿武小児童代表、通訳は奈古高校生

下お別れ式・・・阿武小学校児童代表あいさつ、通訳奈古高生

記念撮影


韓国、フィンランド、USA、日本グループ
右道の駅阿武町→阿武町のうそんセンター(福賀支所)にて、歓迎の会、ふるさと夢太鼓・神楽舞、体験交流・記念撮影、お別れの会、スイカ試食

奈古高校の生徒が高校生語学ボランティアとして、交流の運営のお手伝いをさせていたたくことができました。良い経験をさせていただきありがとうございました。

なお、奈古高校訪問は、8月3日午前中となっています。


2015年07月31日 Fri  by 生徒会・委員会活動
270730 ふるさとの伝説 阿武町に剣客「佐々木小次郎」の塚
奈古高校のある阿武町には、巌流島の決闘で、剣豪宮本武蔵に負けた剣客として知られる、佐々木小次郎ゆえんの塚があります。

<場所>阿武町福田下・・・阿武町立福賀中学校の近くの山中
<遺跡>佐々木小次郎の髪塚
<由縁>慶長17年(1612年)4月13日、佐々木小次郎巌流島の決闘に敗れ亡くなった。その後、妻のユキは夫の遺髪を抱きつつこの地に来て遺髪を葬ったとのことです。それは、ユキがキリシタンであり、キリスト教禁令を敷く毛利藩による厳しい取り締まりを逃れる必要から、安全な居所を求めて、多くの信者と共にこの地に来たからと言われています。

<なぜ、小次郎の妻ユキは現在の阿武町福田下まで?>
右戦国時代に、山口を拠点に、西日本に勢力を張っていた、大内氏のもとに、キリスト教宣教師のフランシスコ・ザビエルがやってきています。そして、日本で初めてのクリスマスを山口で行うなど、盛んに布教活動を展開した結果、大内氏の家来をはじめ、その支配下のあった人たちの中にもキリスト教徒が増えていったとのことです。
右ところが、主君大内義隆が家臣の陶晴賢に下剋上されて敗れ、その陶も毛利元就に敗北し、その後毛利氏が山口の支配者となって入ってきます。この時、大内の勢力にキリスト教徒がいたとのこともあり、毛利氏は、キリスト教徒に対して、徹底した厳しい取り締まりを行います。
右その取り締まりを逃れて、多くのキリスト教徒は、現山口市街から県の北東部などに逃れたとの記録があり、山口県北東部の萩市紫福などには、当時のキリスト教徒が残した隠れキリシタン墓が残っています。萩市紫福は世界遺産に登録された「大板山たたら製鉄遺跡」があるところで、隠れキリシタン墓も地域の方によって保存されています。
右このような流れで、佐々木小次郎の妻ユキは、阿武町福田の地まで逃れてきて小次郎の遺髪を葬り冥福を祈ったこともあると考えられます。


2015年07月30日 Thu  by 校長室
270729 食品製造実習 伝統のイチゴジャムづくり
7/28生物資源科学科2年の実習
奈古高校伝統の「イチゴジャム」づくり
<原料>
砂糖、冷凍イチゴ、グラニュー糖
<使用器具>
木べら(大)、二重釜、糖度計、ゴムペラ、充填用ジョウロ、5号缶
<工程>
①二重釜に解凍したイチゴ(原料)を入れる。
原料の確認(ヘタ等の異物があれば除去)・・・食品は人の口に入るものなので、異物混入の防止はとても大切なことです!

③加熱・濃縮(砂糖を3回に分けて入れる)→ゼリー化状態を確認

④計量・缶への充填→5号缶へ

⑤巻締め…真空圧をかける
殺菌…100度Cで30分
⑦冷却…流水で
⑧製品


2015年07月29日 Wed  by 生物資源科学科
270729 ふるさとの美観 阿武町木与の棚田
<奈古高校生徒を育む豊かな自然等を紹介>
やまぐち棚田20選の一つに、阿武町木与地区の棚田があります。

下国道191号線を奈古から須佐方面に走っていると、鳴き砂で有名な清ヶ浜」海岸に出ます。ここは、4月に全校生徒で清掃活動を行った海岸です。

下国道沿いの清ヶ浜パーキングから東方、ふと目の前の山を見上げると、山腹に棚田が見えます。集落と棚田の間に木立がある関係で、まるで、中空の棚田のように見えます。

下国道から入ってJR山陰本線下をくぐり、車1台がやっと通れる、ほとんど舗装された細い道を案内板に沿ってさらに進んでいくと、棚田最上部の駐車場(回転場)に着きます。
その位置からは日本海が見わたせ、天気の良い日には沖合の見島を見ることもできるそうです。


水を張った時期、田面に映る夕日はさぞや美しいことでしょう。
なお、今の季節は、夜中になると、イカ釣り船が沖に並んで素晴らしい景色が眺められそうです。
ただし、要注意…鳥獣被害対策の柵を壊すことがないようにすること、蛇に気を付けること

棚田の概要
地域の所在 阿武町大字木与、農地面積 5.4ha、平均勾配 1/7.8


2015年07月29日 Wed  by 校長室
270728 世界スカウトジャンボリー今日開幕 阿武町には
今日7月28日から8月8日までの12日間山口市阿知須きらら浜を主会場に、150の国と地域から約3万4千人のスカウト、指導者、スタッフが集い、<和の精神>をテーマに、第23回世界スカウトジャンボリーが開催されます。

スカウトは、14歳から17歳の中高生が中心で、きらら浜でキャンプ生活を共にしながら、様々な活動プログラムに取り組むこととなっています。
なお、29日午後7時から、きらら浜アリーナで開会式があります。

地域プログラムの中では、世界のスカウトたちの阿武町への訪問交流も計画されています。

7月31日(金)
午前…阿武町町民センターにて、歓迎セレモニー、長州音頭体験、折り紙体験
午後は2グループに分かれて
右阿武小学校にて、歓迎の会、綱引き・玉入れ・二人三脚、書道、お別れの会→道の駅阿武町
右道の駅阿武町→阿武町のうそんセンター(福賀支所)にて、歓迎の会、ふるさと夢太鼓・神楽舞、体験交流・記念撮影、お別れの会、スイカ試食

8月3日(月)
2グループが訪問
右奈古高校にて、歓迎の会、スイカ割り、日本の遊び体験、お別れの会→昼食:町民センター→午後…道の駅阿武町→萩博物館
右阿武中学校にて、歓迎の会、イカダの旗づくり交流→昼食:町民センター→奈古湾にて、イカダ体験→お別れの会

画像は、7月31日の阿武小学校訪問時に高校生語学ボランティアとして、運営サポートをすることになっている生徒たちが、教員の指導を受けながら英語の練習をしているところです。


なお、8月3日午前中の奈古高校訪問時には、スイカ割り、折り紙・紙飛行機交流を計画しております。世界のスカウトとの心の交流を深められたらと思います。

2015年07月28日 Tue  by 校長室
      
合計:64232 今日:84 昨日:140
〒759-3622
 山口県阿武郡阿武町
      奈古柳橋2968-1
 TEL:(08388)2-2333
 FAX:(08388)2-2123
総合情報

※ページを閲覧するためには
Adobe Readerが必要です。
最新記事一覧
カテゴリー別